#Amazonの買い物で最大2.5%の還元はこちら➜
ライフスタイル

電車で乗り物酔いを起こす原因と対処法

どーもこんにちは、
とむ(@TOM106_ELITEです!!

いつも乗り物酔いに悩まされるている方、地味〜に辛いですよね。
特に電車やバスの場合はパブリックスペースなので、自分のペースで休憩出来ないのも更に辛さを増長させてしまっていますよね。

僕も子供の頃から乗り物酔いに悩んでいました。
遠足のバスの中も冷や汗ダラダラでした(笑)
そんな乗り物酔いの原因と対処法を考察します。

乗り物酔いの悩みは深い

子供の頃から乗り物酔いに悩まされている方いらっしゃいませんか?
自ら運転する車では起こりませんが、他人の運転はダメ!という方も多いでしょう。

そして、通勤時などでバスや電車の避けようもない苦しみを毎日感じている方もいることでしょう。

さて、どう乗り切りましょうか・・・

乗り物酔いになる原因

乗り物酔いが起こる原因は、体が揺れる事により三半規管のバランスが崩れ自律神経が乱れることにより起こります。
そのほかにも精神的な不安や緊張も原因と考えられているようです。

普段から乗り物酔いになる人というのは、今回もかな??という不安を抱えるのは当然です。
悪循環ですね。。

吐き気を感じるまでいかなくとも、めまいを感じるだけでも辛いんです。
そのめまいが乗り物を降りたあとも長時間続くことだってあるのです。

乗り物酔いの対処法

タブレット上の薬
対処法については効果が個人差が大きくあると思います。

  1. 精神的な問題もあるという事で、音楽を聴いてリラックスする。
  2. アメ・ガムや飲み物などでリフレッシュ。
  3. 人目をはばからないような大きい深呼吸。
  4. 偶然バッグに入っていた酔い止め薬を使う。
  5. ここぞとばかりに思い切って睡眠。

自分にあった対策法を準備して、状況に応じて使い分けましょう。

とりあえず「酔い止め薬」は常備してくのをオススメします。(雑・・・)
水無しでも飲めるタブレットタイプのものもあり、めまいを感じ始めてからでも効くものもあります。
これは使いやすいのでオススメです!


当記事をご覧になっていただきありがとうございました!
よろしければプロフィール記事をご覧くださいm(_ _)m

プロフィール記事です!

とむのあいさつとプロフィール

☆Twitterのフォローもぜひお願いします!

フォロー待ってます♪

Twitterのフォローはこちらから

Related article