Mac

Macによる「カメラが接続されていません。」の対処方法

Macカメラの不具合対処方法

Macユーザーのみなさん、FaceTimePhotoBoothなどを利用しようとした時に、

「カメラが接続されていません。」

と表示されて困ったことはありませんか?

原因もわからずにこんな症状が出たときの対処方法を紹介致します!

カメラの接続不良を改善する

Macでカメラを使用するアプリを起動しようとすると発生する不具合。

「カメラが接続されていません。」

何の心当たりもないのに上記の表示出てお困りではありませんか?
そんな症状を改善するための対処方法をいつくか紹介します。

カメラが正常であることを確認

Macのカメラ自体が問題ない事を確認します。


画面左上のアップルマークから「このMacについて」を選択

概要のページで「システムレポート」を選択

「カメラ」の項目に情報の表示があることを確認します。
※表示がない場合も次の方法で改善する場合があるようです。

 

Macを再起動する

この方法は多くの症状に対して、まずは試してみるべき方法です。

あれぇ?
おかしいなぁ?
動きが悪いなぁ?


まずはMacを再起動してみよう!

この方法で改善される方もいらっしゃるようですが、これでも改善されないという方は下のもう一つの手段をお試しください。

NVRAMをリセットする

再起動で改善されなければこちらをお試しください。
NVRAMとは、Macの設定情報などを記憶しておくためのメモリです。
これらをリセットすることで解決となる症状も多くあるようです。

  1. Macの電源を切る
  2. 再度Macを起動する
  3. 起動音が鳴ったら以下のキーを同時押しする(押し続ける)
    【 command + option + P + R 】
  4. Macが起動しもう一度起動音が鳴ったら同時押ししているキーを放します

以上の方法でNVRAMがリセットされて改善される場合があります。
※こちらの方法はアップル公式でも紹介されています。

さいごに


カメラ自体に問題がなければ大方が上記の方法で改善されると思われます。
使いたいアプリが何らかの不具合で使えない、これは効率悪いですね。

簡単な対処方法ですので、誰でもすぐにお試し出来ます。
最短で対処して、ぜひ快適なMacライフを取り戻してください!

あわせて読みたい
MacBookAirが充電できる!MagsafeやノートPCでも使えるモバイルバッテリー
MacBookAirが充電できる!MagsafeやノートPCでも使えるモバイルバッテリー「旧MacBookAirやノートPCでも外出先で充電環境を整えられます!」 「外出先でのノートPCの充電はどうしていますか?」 「必...
Related article