Mac

MacBookAirが充電できる!MagsafeやノートPCでも使えるモバイルバッテリー

MacBookAirが充電できる!MagsafeやノートPCでも使えるモバイルバッテリー

「旧MacBookAirやノートPCでも外出先で充電環境を整えられます!」

「外出先でのノートPCの充電はどうしていますか?」
「必ず電源の確保出来る場所で作業できていますか?」

ノマド作業をしている方の大きな悩みである電源の確保。
僕は常に電源アダプターとモバイルバッテリーを持ち歩き、いつできるかわからない空き時間の作業に備えています。

とむ
とむ
現在の我が相棒はMacBookAirで、充電の差し込みはMagSafe2
USB-Cは対応した製品が多々ありますが、MagSafe系や一般のノートPCはなかなか無いんですよね…。

このように対応したモバイルバッテリー探しに苦労したので、同じ境遇の方のために参考になればと思いましたので紹介します!

MacBookAirのMagSafe2とは

MacBookAirの充電に必要なMagSafe2とはなにか?これはMacBookAir本体側の端子の形状である。

MagSaef2の形状

これによって、充電アダプターの形状が他のものと共有することが出来なくなっている。
因みにMacBookProでも2015年モデルまでは同じくMagSafe2が採用されていた。

MacBookAir、MacBookPro共に2011年(一部2012年)までのモデルは「MagSafe」となっているのでよく確認してください。

最近のMacBookProやMacBookの規格では「USB-C」というのが主流になっているが、残念ながらMacBookAirは最新のものにも搭載されていない。

MacBookAirも2018年モデルからは「USB-C」が採用されました。

あわせて読みたい
『Anker PowerCore Speed 20000 PD』MacBook/USB-Cも対応するモバイルバッテリー「使い勝手の良いモバイルバッテリーがあった!」 普段からノマドワークをしている方は、PCやスマホの充電環境には悩まされていますよね...

MacBookAir(Magsafe)やノートPCでも使える大容量モバイルバッテリー

最初に言っておきますが、Mac全機種が故障や動作については対象外となっている場合が多く、自己責任での使用となってしまうのが残念です。

モバイルバッテリーの種類は多くありますが、MacBook(MagSafe)やノートPCの充電が可能で大容量のものはこちら。

僕が実際に使っている製品は廃盤となってしまったので、使えるモバイルバッテリーは常に変動しています。

ちなみに「サンワダイレクト モバイルバッテリー17400mAh 700-BTL033BK」が、僕が使用している「サンワダイレクト モバイルバッテリー 12000mAh」の後継機です。

モバイルバッテリーは容量と重量で選ぼう

常にバッグに入れて持ち歩くモバイルバッテリーは、容量と重量を重視して決めるのがいいです。

上でも紹介してるけど、容量と重量のバランスで選んだのがこれ。
サンワダイレクト モバイルバッテリー 12000mAh
(こちらの商品は廃盤、後継機はこちら

一番の決め手となったのは重量!

この製品は372gですが、容量が大きくなると1kgを超えるものも少なくありません。

常に持ち歩く事を考えたときに、1kgものモバイルバッテリーをカバンに入れて置くことを考えたときにゾーッとしました。

「ノートPCより重いモバイルバッテリーって?」って感じでした。

もちろん容量によって充電時間は変わりますが、自分の使用環境では12000mAhで問題ありませんでした。

MacBookの充電切れ間際から使用して3時間以上作業できます。

  • 使用するに問題のない容量
  • 持ち運ぶのに苦じゃない重量

使用環境によって検討してみてください。

モバイルバッテリー本体の充電を、毎日のように出来ない方もいらっしゃると思います。そんな方は、多少重くなっても容量の大きな製品の購入をオススメします。

※残念ながら[サンワダイレクト モバイルバッテリー 12000mAh]は廃盤となり、公式サイトで在庫販売も終えようとしています。

▽大きなモバイルバッテリーも収納しやすいガジェットポーチはこちら

あわせて読みたい
ガジェット用ポーチは使い勝手の良い無印良品の「ラウンド広口ポーチ」「なんと最強のポーチ見つけました!」 ・「ガジェットを入れてるポーチがしっくりこない…」 ・「複数のガジェットをまとめてポーチで...

MagSafe2/Surface/各種ノートPC別専用ケーブル

MacBookAir(MagSafe2)をモバイルバッテリーで充電中MacBookAir(MagSafe2)をモバイルバッテリーで充電中

MacBookAir(MagSafe2)やSurface、各種ノートPCで使用する場合には、モバイルバッテリーに加えて専用の変換ケーブルが必須になります。

Omnicharge
¥2,484
(2019/07/23 21:47:01時点 Amazon調べ-詳細)

もう一度言っておきますが、故障や動作の保証は全くありませんので、自己責任で使用してください。

僕が実際に使用している変換ケーブルは品切れだったのでこちらを紹介しています。
(注:実際に動作確認はできていません)

動作保証がないため半信半疑で購入し使用を始めて2年以上使用しておりますが全く問題ありません。

AC電源(コンセント)が使えるモバイルバッテリー

MacBookAirはMagSafe2の都合でモバイルバッテリーの選択肢が大幅に狭まってしまうので、AC電源が使えるタイプも使いやすいです。

AC出力に対応したモバイルバッテリーは大容量の製品が多く、使用の幅が広がります。
PCの充電以外にも使いみちがある方は是非こちらもご検討ください。

やはり環境にあった容量のものをお選びいただくと良いです。
ただ容量が大きくなるとその分重量も重くなるのでご注意ください。

さいごに

どうしてもノマド作業をしていると電源の確保に困ります。

初めていく地域やエリア、行ったことのない店舗などではそこで電源が借りられるのか不安になります。

そんなストレスを軽減してくれるのがモバイルバッテリー。どうしても荷物がかさばってしまいがちですが、持っていないと冷や汗ダラダラでしょう。

MacやノートPCは経年劣化や使用過多でバッテリーの持ちも悪くなるし、だからってすぐに新しいのに入れ替えるのももったいない。

余談ですが、モバイルバッテリーを持ち歩くようにしてからバッグをリュックタイプに変更しました。

これ使ってます。

 

とむ
とむ
画像のMacBookに貼ってあるオシャレなスキンシールもおすすめです!
Related article