#Amazonの買い物で最大2.5%の還元はこちら➜
ライフスタイル

最強の人種と話題の「ミニマリスト」とは

どーもこんにちは、
とむ(@TOM106_ELITEです!!

みなさんは「ミニマリスト」という言葉をご存知ですか?

ある意味最強の人種であるとも噂される人々のことを指していますが、

それが一体どんな人なのか?

何を持って最強と言わせるのか?

そんな疑問を考察します。

ミニマリストってなに?

ミニマリストってなんなのか?
一言でいうと「最小限主義者」のことを呼びます。

それは必要最低限のモノで生きている人のことを指します。
自分にとって必要な物だけを持つことで、充実して生きられるという思考。

何を持って何を持たないかは個人差があるが、自らの持ち物を厳選して「ミニマリスト」として生活している。

極端な言い方をすればホームレスでも生きていける強い人間を指しているように感じます。
人や物に頼らずに自分の信念で余分なものを削ぎ落とし、それでいて不自由しないライフスタイルを築いている。

それは素晴らしいことだと強く思います。

ミニマリストに対する勘違い

ミニマリスト≒倹約家(お金を使わない生活)と、勘違いしている方をよく聞くがそれは違う。
物を買うことは少なくなるだろうが、必要なものにはお金は惜しまないということだろう。

厳選したモノで充実した生活を送る。

非常にシンプルで素晴らしいことで、これは独り身の人に限らず家庭を持った大人であっても不可能ではない。
家族の共感を得て共同でミニマリストライフを送れることとなれば、それはもう最強のファミリーではないだろうか?

自分にはとても真似できないことだが、強くリスペクトしている!

ミニマリストへの憧れと現実

ミニマリストはスマートに生きる理想ではないだろうか?

しかし現実的に周囲はそれを求めていないかもしれない。
人によっては家族がいたり、仕事柄だったり、理想と現実という壁はあるだろう。
周囲の理解や共感のないミニマリストライフはただの迷惑でしか無い。

実際にそんな生活を送っているファミリーも存在するが、やはりそれは家族ぐるみで気持ちが統一されていてブレていない。
一方でミニマリストへの憧れを口にする人は多くいても、実際にそんな生活をしている人はそう多くない。

そんな背景には理想や憧れはあるが、いざ自分がそんな生活を送ることへの不安が多く占めるだろう。

日本にはゴミ屋敷というものが問題になるほどで、物を捨てられないタイプの人間が多いようだ。
言い方を変えてみれば、「モノを大切にする」と言うことになり非常に素晴らしいことなんだが、断捨離という言葉があるように思い切らないと要不要の判断を劣らせる。
物に囲まれた生活を効率が良いと感じている人には全くの無意味な行動なのだ。

さいごに

実際にミニマリスト生活を送る人は、

自由・充実

この言葉をよく口にしている。

余分なものは削ぎ落とし、今はあらゆるものがレンタル出来たりする便利な時代だ。
考え方ひとつだが、「ミニマリスト」が効率化の頂点にも見える。
人それぞれ思考は違うものの、ひとつのライフスタイルとして尊重したい!


当記事をご覧になっていただきありがとうございました!
よろしければプロフィール記事をご覧くださいm(_ _)m

プロフィール記事です!

とむのあいさつとプロフィール

☆Twitterのフォローもぜひお願いします!

フォロー待ってます♪

Twitterのフォローはこちらから

Related article