ガジェット

伝説のノート「モレスキン」を活用してスマートに効率化しよう

ノートってどんなものを使ってますか?

使用環境によって様々だとは思いますが、単にノート言っても幅が広く多くの製品があります。

その中でも高価な「モレスキン」の価値を感じたので紹介致します。

伝説のノート「モレスキン」

モレスキンが伝説のノートと言われるにはワケがある。

古くはピカソやゴッホ、ヘミングウェイなどの著名人たちが愛用したノートと伝えられています。
そんな芸術家たちがアイデアやストーリーを記してきたと言われています。
そんな偉人にあやかって私も使用をはじめましたが、正直使い初めのうちは魅力が理解できませんでした。

なにがいいの?

他のノートと何が違うの?

一般的なノートとはコスト面で大きく劣るモレスキンですが、
実際にはそんなハンデを打ち消すような魅力があります。

ポイント

独特のカバーとゴムバンドで味を出し、経年劣化をも魅力へ変える。
巻末には収納ポケットがあり、切手やシール、付箋などをスマートに収納できる。
付箋を貼ったりスクラップをしても、ゴムバンドで薄く保てる
バリエーションが豊富で、自身の環境にあったモノを見つけられる。
デザインも幅広く豊富で、人と差をつけられる。

活用法次第では無限の可能性がある事に気づきのめり込んでしまいました。

モレスキンノートの種類

モレスキンノートにはタイプやサイズが用途に合わせて展開されております。
主に使われているものを紹介します。

ノートのタイプ

モレスキンノートにはノートブックタイプダイアリータイプがあります。
これは明確に用途が違うので、ご自身の用途に合わせてお選びください。

ノートブックタイプ

ダイアリータイプ

ノートの大きさ

サイズは3種類あり、ポケット、ラージ、エクストララージから選べます。

ポケットは9cm×14cmと携帯性を重視したサイズとなっています。

ラージは13cm×21cmで携帯性と実用性を兼ね、バッグに入れて常備したいサイズです。

エクストララージは19cm×25cmでB5サイズとほぼ同等になっていて、本気でノートを取るのに適しています。

罫線の種類

ノートブックの罫線は、ルールド、プレーン、ドット、スクエアードなどがあります。

ルールドは一般的なノートと同じ罫線入りで、用途を選ばないの迷ったらコレで決めてしまって問題ないでしょう。

プレーンはページが無地になっていて、自由な発想で使えると人気です。イラストを描きたい方や、アイデアをまとめるなどの使い方ができます。

ドットは控えめなドットがガイドとなり文字をまっすぐに書けるように導きます。ルールド同等に用途を選ばないため使い勝手が良いです。

スクエアードは方眼タイプで文字もイラストも描きやすく、枠にとらわれない使い方が可能です。
主にモレスキン上級者が使うことが多いようです。

表紙の種類

表紙もモレスキンノートの大きな魅了であります。
ソフトハードの2タイプがあり、好みで選択することが出来ます。

ハードは厚手でデスクのない場所でも使いやすくなっております。

ソフトは薄く柔らかく、デスク上での使用を目的とした方に適しています。

用途に合わせて選ぶのはもちろんですが、デザインにも差があるので直感も大切です。

人と差をつけるデザインも

一般的なデザインとは違うカラーや柄、キャラクターモノもあります。
人とは違うもの、目立つもので差をつけたい方にはオススメです。

限定品のモノもあり、時期によって様々な種類が販売されています。
好きなデザインのモレスキンを探してみてはいかがでしょうか?

まとめ

モレスキンには多くの種類があり、すべて紹介するにはとても及びません。
興味のある方は、実際に使用してみて自分にあったモノを見つけるのも面白いと思います。

因みに僕は外出先で立ったままメモを取るのに使用することが多いので、以下のタイプを使用しています。

  • ノートブックタイプ
  • ポケットサイズ
  • ルールド罫線
  • ハードカバー

コレを使い終えたら別のモノを試してみたいと思っています。
今からワクワクがおさまらず、フライング気味に購入してしまいそうです。。

そう思わせてくれる魅力的な文房具って良いですよね?
みなさんもぜひ好きな文房具でテンションを上げて、作業効率を上げていきましょう。

Related article